院長からのメッセージ

地域密着型病院になるために、
訪問看護を充実させていきたい

病院長 平 資正 

祖父が開いた診療所を源流として1950(昭和25)年に開設された当院の院長を務めた父をはじめ、親戚にも医療従事者が多い環境の中で育つ。上のきょうだい二人が医師の道を選ばなかったこともあり、自然と医学の道へ。父から当院の院長職も受け継ぎ、現在に至る。

地域の方々に安心の医療サービスの実現を目指す。

 私が子どもの頃の当院は、多様な手術にも対応する地域の総合病院という位置づけだったように記憶しています。それが時代の移り変わりに伴って「病院の機能分担」を国が求めるようになり、それとともに当院が地域から求められる機能も「総合病院で大手術を終えた後の社会復帰や帰宅に向けた地域包括ケア」という方向へと変化してきました。現在はこれからも加速する少子高齢化に対応し、糖尿病や循環器の専門医の配置や整形外科の手術対応、リハビリテーション部門の充実といった取り組みを行うことで、高齢者を中心とした地域にお住まいの方にご安心いただける医療サービスの実現を目指しています。
 

今後は訪問看護・訪問介護を展開していきたい。

 当院はこれまで特養や老健といった介護施設を併設することなく、現在まで至っています。そうした施設をこれから新たに設置するにはさまざまな障壁があるので、当院としては今後、訪問看護や訪問介護といった在宅ケアに注力していきたいと考えています。当院にはリハビリテーション部門に優秀なスタッフが大勢おり、たとえば訪問リハビリのサービスを広範囲に提供できる土壌は整っています。今後は看護師や介護スタッフの拡充を図り、訪問看護や訪問介護といったサービスの実現を果たして、本当の意味での地域に密着する病院として存在感を発揮できるようになりたい、と思っています。


 

自らの成長のための学習に意欲的な方が必要だ。

 訪問看護のサービスを新たに立ち上げるには、今まで以上の看護師の人材確保と拡充、そして育成が不可欠だと考えます。訪問看護ではご利用者様のご自宅を単独で訪問することになり、場合によっては重要な判断を自らが行わなければいけないこともあります。また当院の医師とは別の主治医の先生がいらっしゃる患者さんにも対応することもありますから、医療機関間の連携にも理解を深める必要もあります。そういう意味では当院がこれから新たなさービスを展開し、地域密着型の病院として存在感を高めようとしていることに理解をいただき、自らの成長のための学習に意欲的な方に来てもらいたいと考えています。
 

この地域とそこに暮らす人が好きなんだと思う。

 当院で働いているスタッフは、当院のある地域に何らかの縁のある方がほとんどです。私もこの地域の出身者ですが、やはり自身の地元の人たちに喜ばれ、貢献したいというモチベーションが大きいと思います。地元の人たちを見つめながら、自身にも馴染みの深い土地の暮らしを支えていることに喜びを感じられる人には、とてもやりがいがある仕事ではないでしょうか。もちろんこの地域に縁がない方でも、この地域とそこに暮らす人たちを好きになれれば、同じ喜びややりがいは得られます。そんな想いを共有する人たちだからでしょうか、私には働くスタッフがみんな熱心で優しい人ばかりに思えてなりません。
 
 

交通アクセス

〒709-0498
岡山県 和気郡和気町 尺所438

JR和気駅 徒歩約20分/和気駅前から定期タクシー有り

お電話でのお問い合わせ

0869-93-1155

採用担当者